FC2ブログ

# 219 高橋由美子さん

hqdefault.jpg


219回目は高橋由美子さんです

小学生の時、地元のバレエ教室に通いその先生の紹介で芸能事務所ビッグアップル所属となる。
1989年1月、テレビドラマ『冬の旅・女ひとり』で女優デビュー。
1990年、シングル『Step by Step』(テレビアニメ『魔神英雄伝ワタル2』主題歌)で
アイドル歌手としてもデビュー。当初は、1枚限りのアニメ企画物の予定だったが、
アニメの人気と伴い本人も人気が出始めビクターアニメ部門からビクターアイドル部門へ移籍し、
デビュー2年目に発売した3枚目のシングル「笑顔の魔法」から本格的にプロモーション活動を始動する。
「ビクター・甲子園ポスター」キャンペーンのモデル
(「第72回全国高等学校野球選手権大会」のイメージキャラクター)にも選ばれた。ファンクラブも発足。
1990年代前半にかけて、『20世紀最後の正統派アイドル』と評された
1994年に主演したテレビドラマ『南くんの恋人』が話題を呼び、
主題歌『友達でいいから』は初のオリコンチャートTOP10入りを果たし、
約40万枚を売り上げるヒットとなる。その後『チョコラBB』(エーザイ)のCMや
『ショムニ』シリーズでの個性的な演技で、従来の清純派アイドルという
イメージからの脱却と個性派女優への転身に成功し、存在感を確立した。
1999年、シングル『螺旋の月』発売を最後に、歌手活動を事実上休止(ファンクラブも2002年3月に解散)。
その後は『火曜サスペンス劇場』を初めとする2時間ドラマや、
舞台、ミュージカルなどを中心に女優として活動している。
2008年10月、デビュー以来20年余り所属していた事務所ビッグアップルがヒラタオフィスと合併したのを機に、
合併先のヒラタオフィスに一時的に所属(2008年10月 - 12月)したのち、2009年1月に東宝芸能へ移籍した。
2009年、7月26日にシアタークリエにてコンサート『「由美子ライブ」3680日ぶりの、こんにちは』を開催、
長らく遠ざかっていた歌手活動を行い、チケットは発売当日10分で完売した。
9月16日、約12年振りとなるベストアルバム『ゴールデン☆ベスト』発売。
2015年、6月15日発売の『週刊ポスト』で14年ぶり、41歳でグラビアを披露したことで話題となった。
8月から「さいたま市観光宣伝部長」に就任する。
2018年4月30日付で所属事務所「コニイ」との契約を終了。
2019年4月、大手芸能プロ「グランパパプロダクション」に所属する。
スポンサーサイト



# 218 花島優子さん

hanashimayuko.jpg

218回目は花島優子さんです

1990年に歌手デビューと同時にフジテレビで放送された
東映不思議コメディシリーズ第11作『美少女仮面ポワトリン』のヒロインを務めた。
その後はバラエティー番組を中心に活躍し、大岡越前にレギュラー出演するなどしたが、
1995年に弟の同級生である4歳下の大工男性と結婚したのを機に芸能界から引退。
2002年に芸能界復帰を果たし、現在に至る。
2010年から母校である下根中学校演劇部で演技指導を行っている。
その傍ら牛久市の不動産会社にパート社員として勤務し、事務職を務めている。
2012年、映画「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」の劇中で、
入来茉里さんが「2代目ポワトリン」を演じるにあたり、「初代ポワトリン」である花島さんが自ら、
東京で行われた映画公開の記念イベントで22年ぶりにポワトリンの衣装をまとって登場したことで話題になった。
相当なゲーム好きだったらしく、『ファイナルファンタジーV』もかなりの早さでクリアしていた、
と当時『電気グルーヴのオールナイトニッポン』で話題に上がっていた。
子供の頃は『どきんちょ!ネムリン』が好きであった。
漫画を書くのが趣味で、友人と同人誌でファンであった『聖闘士星矢』の漫画を描いていたこともある。
『ポワトリン』第33話では、花島が演じるユウコが描いたという設定で劇中に登場する漫画を執筆している。
専業主婦であった時にもコミケに参加している。

# 217 千堂あきほさん

i-img480x640-1549621251x3tq7q1360.jpg

217回目は千堂あきほさんです

1987年、『ロッテ CMアイドルはキミだ!』の全国大会に進出し、
芸能事務所『アーティストハウスピラミッド』の社長森山幸男氏にスカウトされ芸能界に入る。
(同コンテストのグランプリは相川恵里さん、準グランプリは島崎和歌子さん)
デビュー前は、事務所の電話番や事務などで勤務もしていた。
後に本人がレギュラーTBSラジオ番組『清水国明・千堂あきほの真夜中ジャンクション』で語っている。
1990年1月25日、『It's a Melody』でワーナーパイオニアから歌手としてデビュー。
当初は、同じレコード会社、同じ日デビューのAKEMI、広田恵さんと共にバンドブームの中、
新生本格派女性ボーカリストして売り出された。ライブハウスを拠点とする地道なライブ活動をスタートさせる。
深夜バラエティー番組『オールナイトフジ』の司会で人気に火がつき、
学園祭のアイドル(学園祭の女王)と言われた。
その後、女優業に専念し、ドラマ、CM、映画など幅広く出演。
2000年の大晦日にスキューバダイビング指導者の男性と結婚。
2010年まで関西、2011年から北海道を拠点にして活動する。
2008年8月3日、第一子(長女)を出産したことが、オフィシャルサイトDiary(8月4日)で発表された。
2011年4月16日、第二子(次女)を出産したことが、オフィシャルサイトDiary(4月16日)で発表された。
2014年10月から、東京のキー局・フジテレビジョンのバラエティ番組「マネースクープ」にて関東のメディアに復帰。
兵庫県尼崎市(園田)出身。兵庫県立宝塚北高等学校演劇科1期生。
小学校時代の担任の中には、後に百ます計算の陰山メソッドで有名になった陰山英男さんもいた。
女優としては『東京ラブストーリー』や『振り返れば奴がいる』、
『夜逃げ屋本舗』などでの硬派で大人の女性役や有能なキャリアウーマン役で成功。
歌手・女優・タレントの杉浦幸さんとは、生年月日が全く同じである(1969年4月5日生)。
2017年6月3日放送の『かんさい土曜ほっとタイム』で、この年に他界した父親への謝意を述べた際に、
自身の性格を「私は見た目は大雑把に見られがちですが、実は物凄く深く考え込む性格なんです」と語っている。
現在は、夫の実家がある札幌市内で三世代で暮らしている。

#216 鷲尾いさ子さん

74630_201003240847447001269423346c.jpg

216回目は鷲尾いさ子さんです

新潟県新潟市出身。

1983年(昭和58年)から『装苑』の専属モデルとして表紙連載を続け注目を集める。

1983年1月号から1984年12月号まで連続24ヶ月の表紙モデルは、『装苑』の最長記録である。

1985年(昭和60年)の全日空水着キャンペーンガールに選ばれたことがきっかけで、メジャーデビュー。

1986年(昭和61年)に主演した映画『野ゆき山ゆき海べゆき』ではヌードを披露。

1987年(昭和62年)にはパリコレでモデルを務める。

1989年(平成元年)、サントリーから発売された「鉄骨飲料」のCMでブレークした。

私生活

デビューしてから10年の1995年(平成7年)9月に俳優の仲村トオルさんと結婚。現在、二児の母親。

「新・家族シャンプー・メリット」など、花王製品のCMでは夫婦共演した。

2004年頃からは、家事や育児に専念することが多いという。

2013年(平成25年)4月25日、数年前から闘病中であり

単独での外出が困難になっているとの情報を、一部のメディアが伝えた。

CM[
全日空(1985年 - 1987年)
UCC上島珈琲 UCCオリジナル(1986年)
「コーヒー色の~(~には季節ごとに「夏太郎」(夏)、「冒険小町」
(秋)、「スーパーエンジェル」(冬)、「ワンダービーナス」(春)が入っていた)」シリーズCM
サントリーフーズ「鉄骨飲料」(1989年 - 1990年)
埼玉銀行(1989年 - 1991年)
協和埼玉銀行(1991年 - 1992年) - 中山美穂と共演
服部セイコー「LUCENT」(1991年)
NEC「パラボーラX9」(1990年 - 1991年)
エアステップ(1993年)
武田薬品工業「ベンザエース」(1993年)「ベンザブロック」(1994年 - 1995年)
花王
「エッセンシャル ナチュラルスタイリング」(1989年 - 1991年)
「ステーシア」(1994年)
「ソフィーナ」(1994年)
「メリット」(2004年 - 2008年) - 夫・仲村トオルと共演
スイス・エミー 果実頃 フローズンヨーグルト(1994年)
外務省 パスポート期限10年制告知キャンペーン(1995年)
芝パーク出版「saita」(1996年)
スズキ「アルト」(1994年 - 1998年)
サッポロビール「ドラフティ発泡酒」(1996年)

# 215 和久井映見さん

wakuiemi3.jpg
215回目は和久井映見さんです

埼玉県立川口青陵高等学校在学中の16歳の時、

東京ディズニーランドでスカウトされて芸能界入り。

1988年4月、ドラマ『花のあすか組!』で芸能界デビュー。

また同年、JR東日本「青春18きっぷ」のキャンペーンガールに起用された。

1990年1月、ポリスターから「マイ・ロンリィ・グッバイ・クラブ」で歌手デビュー。

1997年までCDリリースは続き、康珍化が作詞・イメージプロデュースを担当、

当時同じ事務所・レコード会社所属であったWinkと同じく門倉聡が大半の楽曲の編曲を担当していた。

ただ歌手活動は『歌のトップテン』、『スーパージョッキー』ほか、

いくつかの番組で披露した程度で、イベント、コンサート等の活動は行っていない。

1991年、映画『息子』『就職戦線異状なし』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞。

1993年、映画『虹の橋』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞などを受賞。

サントリー「モルツ」ビールのCM「うまいんだな、これが」が流行語になった。

1994年、『夏子の酒』で連続ドラマ初主演。

1990年代に主演した月9ドラマ、1994年の『妹よ』、

1996年の『ピュア』、1997年の『バージンロード』は、いずれもヒットし、高視聴率を獲得した。

1995年11月、『夏子の酒』で共演した俳優・萩原聖人さんと結婚。

1999年10月、第1子となる長男が誕生。

2003年7月、萩原さんと離婚。親権は和久井さんが持っている。

2013年2月、三谷幸喜さんの舞台『ホロヴィッツとの対話』で渡辺謙さんの妻役で舞台初挑戦。


プロフィール

カズヤ_8

Author:カズヤ_8
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
ラブアゲイン
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
FC2アフィリエイト
サーバー・レンタルサーバー
FC2アフィリエイト
健やか総本舗亀山堂
FC2アフィリエイト
FC2レンタルサーバーLite
FC2アフィリエイト
バイアグラ・レビトラ・シリアス
FC2アフィリエイト
父の日・ギフト・花束・母の日
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR